社長名鑑

在宅医療支援

新型インフルエンザの対応について

ピンクリボン運動
HOME>ミスゼロ子
ミスゼロ子

ピッキング監査システム「ミスゼロ子」を全店舗で導入済みです。弊社は患者様の安心・安全のため、調剤過誤ゼロを目指しています。

ミスゼロ子はレセコンと連動したハンディスキャナで薬品ごとのバーコードを読み取ることにより、薬品の規格違いや2重取り、入力間違い等を未然に防ぐシステムになります。

ピッキングシステムとは?

在宅医療支援

患者様より処方箋をお預かりし、レセコンに薬品情報を入力します。薬剤師は処方箋を見ながら調剤を行い、調剤が完了した時点でハンディ端末を使用し、各薬品のバーコードをスキャンします。その際にレセコンに入力された薬品と違ったものを調剤した際にアラームが鳴り、過誤を未然に防ぐシステムになります。調剤の間違いだけでなくレセコンへの入力が違った場合もアラームで知らせてくれるので、調剤業務の正確性や患者様の安心感や信頼感につながるサービスが提供できます。
ミスゼロ子商品概要リンク http://www.mis0.com/seihin.html

在宅医療支援

守谷調剤薬局 薬局長 渡辺 森太郎

ミスゼロ子を導入したことにより、薬品の規格間違いや取り違いはゼロになりました。間違いが許されない薬剤師という立場で、薬剤師の目で確認すると共にとミスゼロ子の機能を使用し、これからも調剤過誤ゼロを目指して患者様に安心して服薬していただけるように努めていきます。
在宅医療支援

スカイ薬局 青戸店 薬局長 淺見 妙子

ミスゼロ子の導入により、他店舗から薬剤師が応援に来た際に慣れない環境の中でも過誤を起こすリスクが減りました。過去の履歴も見ることができ、患者様から「薬が入っていない」等の問い合わせがあった際も確認が簡単にできるようになりました。患者様の安心のため、調剤過誤を起こさないように取り組んで参ります。