社長名鑑

在宅医療支援

新型インフルエンザの対応について

ピンクリボン運動
トピックスタイトル
薬を正しく使っていただくために

薬お薬の服用時間は、ふつう食事に合わせて決められています。
『食前』『食後』『食間』から『食直前』『食事中』など様々です。
正式には、これらは『服用時点』といいますが、さて、各々どのくらいの時間帯をさしているのか
ご存知でしょうか?薬の『服用時点』には次のようなものがあります。

1.起床時
起きてすぐの時間を指します。起床時は空腹ですので、空腹のほうが吸収がよい薬などが当てはまります。早朝の発作や急な血圧上昇を防ぐためのお薬、一部の骨粗鬆症の薬は起床時に服用します。
2.食前
食事の約30分前を指します。胃の中に食物があると吸収が悪くなる薬や吐き気止めなど、
食後に飲んだのでは効果が期待できない薬は食前に服用します。
これにあてはまる薬剤例 理由
リファンピシン(リファジン)など 食事の影響で吸収が悪くなるため
吐き気止め
メトクロプラミド(プリンプラン、テルペラン)
食べる頃に薬が効いてきて気持ち悪くならないため
食欲を出す薬 食べる頃に薬が効いてきて食欲が出るようにするため
漢方薬 おなかのすいている時の方が吸収が良いため
3.食直前
食事の直前に服用します。目安としては、お箸を持って、「いただきます」をする時を指します。
これにあてはまる薬剤例 理由
糖の吸収阻害薬 食べ物と混ざり合って効果を現わすため
速効型食後血糖降下薬
ナテグリニド(ファスティック、スターシス)
ミチグリニド(グルファスト)
服用後すぐに効果が現れるので、食前に服用したのでは低血糖が起こる可能性があるから
4.食事中
ご飯を食べている途中(間)に服用します。
5.食直後
食事のすぐ後に服用します。
一般に食事は薬の吸収を妨げますが、脂溶性の薬は吸収が高まります。
また、胃腸障害をおこしやすい鎮痛剤や消化薬も食事のすぐ後に飲んだほうがよいでしょう。
6.食後
食事後30分以内に服用します。きちんと30分計る必要はありません。
飲み忘れが少なく胃に食べ物が残っているので、胃が荒れることを防ぐこともできるという理由から多くの薬は食後に服用します。
7.食間
食事と食事の間のことで、食後2時間くらいを指します。食事の影響で吸収が悪くなる薬や、胃粘膜に直接的に働く胃薬の一部は、胃内の食べ物のなくなる食間に服用します。
「ごはんを食べながら飲むの?」とか、「食事中に服用するのだったら、お味噌汁で飲んでもいいですか?」など、 「食事中」と勘違いしている方がいますが、それは間違いですので注意しましょう。
これにあてはまる薬剤例 理由
クレメジン 食事から摂取されるビタミン類や他の薬も吸着してしまうから
漢方薬 漢方薬はお腹のすいている時の方が吸収がよいから
8.就寝前
「寝る前」のことですが、薬は効果が現れるまでに早くても15分くらいはかかるので、
就寝する15~30分前に飲みます。刺激の強い薬を、寝たままで少量の水で飲んだりすると、
途中で食道にひっかかって潰瘍を作ることがあるので注意しましょう。
これにあてはまる薬剤例 理由
睡眠薬 眠りやすくするためのお薬だから(自分の眠りたい時間に合わせて服用します)
便秘薬 自然のお通じと同じように翌朝、便意があるように作用させるため
9.時間ごとの服用
「6時間毎」、「8時間毎」、「12時間毎」など食事の時間に関係なく指示された時間に服用します。 抗菌薬(抗生物質)や抗ウィルス薬など、血液中の薬の量を特に一定に保って欲しい場合に指示されます。
頓服って何?
頓服とは、睡眠薬、便秘薬、痛み止め、吐き気止め、下痢止めなど、症状がある時に一時的な症状を抑えるために服用する薬を指します。
1日に飲んでよい最大量や、続けて飲む場合に次はどれくらい時間をあけて飲んだらよいかなど、必ず医師に確認しておきましょう。

以上のように、薬を飲む服用時点には理由がありますので、
勝手に飲む時期を変えないようにしましょう。

●不眠症のくすりについて

●インフルエンザについて

●秋は気管支喘息に注意!!

●夏場に多い小児の病気って??

●シップのお話

●乾燥の季節です!!

●秋の花粉症

●虫さされと薬

●食前、食後、食間って一体いつ?